Hyoho Niten Ichi-ryu

Home / 演武 / Demonstration

第8回鹿島神宮奉納 日本古武道交流演武大会

こんにちは、加治屋です。 平成29年10月8日(日)に、第8回鹿島神宮奉納 日本古武道交流演武大会に参加して来ました。 鹿島神宮は、茨城県鹿嶋市にあります。北九州からはかなり遠く、東京に前泊して出掛けました。 正面の大鳥居です。 東日本大震災で御影石製の大鳥居が倒壊したために、境内の杉の大木4本を使って、木製で再建されました。 ここは、境内にある武徳殿です。前日に予行演習をしました。 武徳殿の床は、平成23年に張り替えをしているそうです。半分ほどは元の木で、半分を張り替えたのですが、神宮内の台風で倒れた樹齢400年の木を使ったそうです。杉板材の床です。床全体が波打つようなクッションがあります。 鹿島立ちとは、旅に出ることを言います。 常陸(ひたち)国(茨城県)の鹿島神宮の祭神、武甕槌命(タケミカヅチノミコト)の神使は鹿(シカ)です。武甕槌命は、奈良の春日大社の祭神として勧請されて、神護景雲(じんごけいうん)元年(767年)6月21日、鹿島から白鹿に乗って(鹿を引き連れて)出立し、一年ほどかけて、神護景雲2年(768)に奈良の御蓋山(みかさやま/春日大社)に至った(鎮座された) とされ、春日大社の社司の租、中臣時風(なかとみのときふう)と中臣秀行(ひでつら)がそれに随ったとのことです(春日大社の縁起説話)。この故事に由来して、旅に出ることを「鹿島立ち」といいます。 他にも、武士が防人として任地に赴くとき鹿島神に道中の無事を祈願した際の事だとする説もあります。 夜には、他流派との交流会(宴会)がありました。     演武大会の朝、大鳥居前で記念撮影。 演武は、境内の特設舞台で行われました。 演武後の写真。後方が舞台です。 演武後に境内の森を散策。 鹿島神宮の宝物館にある直刀。 刀身は、長さ223.4cm、反り0.7cm、元身幅(もとみはば)5.1cm、先幅3.1cm、茎(なかご)長36.8cm、切刃造(きりはづく)り角棟(かくむね)です。 『常陸国風土記』には、慶雲元年(704)に鹿島の砂鉄で剣を造ったと記されているとのことです。     宿泊したホテル(写真のネオンの建物)の側に、塚原卜伝の銅像がありました。 卜伝は、延徳元年(一四八九年)吉川(卜部)加賀入道覚賢の次男に生まれ、幼名は朝孝。その後、塚原土佐守安幹の養子となり、新右衛門高幹と改名、実父から「鹿島中古流」を、養父からは「香取神道流」を学んだ。 大永二年(1522)、彼が三十四歳のとき、鹿島神宮で参籠し夢に神託を得て「一〔ひとつ〕の太刀」の理に開眼したという。 『関八州古戦録』では、次のように説明している。 「およそ一箇の太刀の内、三段の差別あり。第一、一つの位とて天の時なり。第二は一つの太刀とて地の利なり。是にて天地両儀を合比し、第三、一つの太刀とて人和の巧夫に結要とす。 当道心理の決徳なり」。 二天一流では、『五輪書』水の巻に、一つの打ちという記述があります。 一つの打と云事 此一つの打と云心をもつて、 たしかに勝所を得事也。 兵法よく学ざれバ、心得がたし。 此儀、よく鍛錬すれバ、兵法心のまゝになつて、 おもうまゝに勝道也。能々稽古すべし。 ちなみに、武蔵先生が打ち掛かり、卜伝が鍋蓋で防いだとの逸話がありますが、卜伝の没後(一五七一年)、武蔵先生が生まれているので、史実ではありません。

Read More

サンレー創立50周年記念イベントにて

10月25日、北九州市小倉北区にございます松柏園ホテルにて、サンレー創立50周年記念という大イベントが行われ 全国より来賓の方々がお見えになられておられました。 サンレーグループ会長の佐久間様には度々お世話になっております(イギリスから来日したメンバーへお茶会を開いて下さった時も大変お世話になりました) 今回は小倉藩所縁の小笠原流茶道、家老を務めた宮本伊織の父、宮本武蔵が流祖の兵法二天一流剣術をご紹介下さいました。 茶道の御点前は月森先輩が務め、二刀勢法を加治屋宗家と月森先輩が演武致しました。 A big event as Sanray establishment 50th anniversary commemoration is performed in the Shohakuen hotel  in Kokurakita-ku, Kitakyushu-shi on October 25. Guests came from the whole country. Mr. Sakuma, Sanray group chairperson has been very kind (When  a tea ceremony to the member who visited Japan from the UK, it had been very […]

Read More

第7回親と子の武道演武大会

2017年8月21日(日)広島県にごさいます世界遺産、厳島神社にて演武を奉納させて頂きました。 30団体が全国から集まり演武を奉納いたします。 21th August 2017  We did embu at Itsukusima shrine a world heritage site in Hirishima Prefecture. 30 organizations from across the country were embu this day. 今年も8分間の中で演武致しました。 The embu in 8 minutes this year too.   始めに太刀勢法を三組同時に行いました。 (打太刀) 加治屋孝則宗家 アドリアンジェケル 前田典子 (仕太刀) 月森慎悟 アレッシオレペット 中田龍成 First, embu Tachiseiho 3 groups same time. (uchidachi) Takanori Kajiya Soke , Adrian Jequel , Noriko […]

Read More

第40回日本古武道演武大会

第40回日本古武道演武大会の記録 こんにちは、加治屋です。 平成29年(2017年)2月5日に東京の日本武道館で、第40回日本古武道演武大会が開催されました。 我々、兵法二天一流は、3年振りの参加で、40回という切りのいい数字でした。演武流派は35流派、私たちは16番目の演武でした。 上の写真は、演武開始前に同行した前田さんに記念に撮ってもらいました。演武者のみで行くと写真を撮ることも出来ません。 これは、開会式前の練習風景です。各流派予行演習をしていたり、カメラマンがセッティングしたりしています。 出番が来て、入場するところです。演武時間は、各流派8分間、入退場も含めてです。 演武は、一刀太刀勢法4本と二刀勢法5本で行いました。 時間制限のため、各流派正面の礼と互いの礼のみで演武開始します。 蹲踞しての礼法は省略です。 正面から見て右側になる仕太刀の磯部さんを先頭に入場します。礼法省略なので、いきなり間合いを取った所から開始しました。 これは、指先(さっせん)の形で、右側仕太刀が、左側打太刀の正面打ちをかわして、右片手下段から相手の喉を刺す所です。 これは八相左(はっそうひだり)の形で、打太刀の正面打ちをかわし、左袈裟に打ち込む所です。 これは流打の形で、右側仕太刀が正面打ちを左に受け流したあと、打ち込もうとし、左側打太刀が、右に開き足で受け流そうとしている所です。 これは虎振(とらぶり)の形で、左側打太刀の正面打ちをかわしつつ、右側仕太刀が、左の首に打ち込まんとする瞬間です。 これは、上の虎振で勝ちをつけた(喉に切っ先を付けて残心)所です。 一刀太刀勢法は、以上の指先、八相左、流打、虎振の4本を行いました。 二刀勢法は、五本(中段、上段、下段、左脇構、右脇構)全部を吉原先生と行いました。上の写真は、中段の形で、左側打太刀の袈裟切りを小太刀で受け、太刀で左の裏小手をスッと切り上げるところです。 これは上段の形で、左仕太刀の正面打ちを十字受けしたところです。 この後、太刀を巻落として、右片手で正面打ちをします。 これは下段の形で、左側打太刀の正面打ちをかわしつつ小太刀で抑え、太刀にて二の腕を斬る所です。 この写真は、4本目の左脇構に構えた所です。 これは左側打太刀の二回目の袈裟切りを小太刀で受け、太刀で切り上げている所です。 上の写真の続きで、この後右片手で左袈裟に打ち込む所です。 これは右脇構で、左打太刀の最後の正面打ちを、後ろに下がって見切りつつ、小太刀で抑える所です。 これは、上の写真の後、右片手正面打ちをした所です。 二刀勢法五本を行い、最後に正面に礼をして演武終了です。 演武を終えて、入場した側に退場です。次の演武流派が、反対側から入場して来ていた事でしょう。私たちの演武時間は、おおよそ7分50秒でした。   こんにちは、前田です。 今回は日本武道館へ同行させていただきました。ビデオの撮影と、写真の撮影が目的でしたが、他流派の皆様や先生方の演武を拝見させて頂き、とても刺激を受けましたし勉強になりました。 数年前はYouTubeで先生方の演武を何度も何度も拝見し、惚れ込んで二天一流へ入門した私でしたので今回は同行させて頂きこの目で見て多くの事を感じました。 自分の演武会よりも遥かに胸が高鳴り、先生方が入場して来られた際には感動で涙があふれそうになりましたが泣いている余裕もありません! ただ一生懸命カメラのシャッターを押し続けました。 いつもは同じ道場で稽古をしている先生方が、なんだか遠い人の様な・・・とてつもなくまだまだ先におられる存在なんだなと改めて感じました。 この道は果てしなく遠いけれども、前へ前へと日々前進。 志は高く、いつか私もと頑張って行きます。 貴重な経験をさせて頂いた先生方に感謝致します。

Read More

演武会(PPTOX Vのパーティーにて)(english)(spanish)

2016年11月14日 November 14, 2016 14 de Noviembre del 2016 北九州国際会議場にてPPTOX(妊娠前・胎生期・小児期における環境と発育、健康影響における国際会議)が行われ、会議後のパーティーにて演武をさせて頂きました。 We did Embu at the party after the PPTOX V (Prental Programming and Toxicity V)meeting in Kitakyusyu International Conference Center Hicimos una demostración en la fiesta posterior a la 5ta Reunión sobre Planificación Prenatal y Toxicidad en el Centro de Conferencias Internacional de Kitakyushu. 加治屋宗家による流派の説明とご挨拶。 The Explanation of […]

Read More

三郎丸市民センター文化祭

こんにちは!加治屋です。 10月9日(日)に、月曜日の稽古場所である三郎丸市民センターの文化祭がありました。午前10時ごろから、日本舞踊などいろいろな芸能が披露されました。私たちの出番は、一番最後でした。 太刀勢法 打太刀:加治屋 孝則、仕太刀:中田 龍成 勢法:指先、八相左、受流左、文字構、虎振 小太刀勢法 打太刀:月森 慎悟、仕太刀:前田 典子 勢法:指先、文字構、張付、流打、合先 二刀勢法 打太刀:月森 慎悟、仕太刀:加治屋 孝則 勢法:中段、上段、下段、左脇構、右脇構 市民センターでの演武は、持ち時間が15分あり、時間の制約をあまり感じることなく行えます。勢法も5本ずつ行えました。大きな演武会での持ち時間は、入退場含めて8分間です。 私は、太刀勢法の打太刀と二刀勢法の仕太刀を行いました。 太刀勢法では、仕太刀の中田君の踏込みが普段より鋭く、彼なりに気合が入っているのだなと感じました。 二刀勢法の仕太刀では、ステージ上の立位置から太刀を持つ右側のスペースの狭さが気になったことでした。また、私たちは演武時に襷掛けをしないのですが、今回は着物の袖が気になる一瞬がありました。 文化祭の演武は、少し気楽な気分でできるのですが、得るところも沢山あるので、大きな演武会同様に大切にして行きたいと思います。

Read More

厳島神社奉納第6回親と子の武道演武大会 6th Itsukushima Shrine Martial Arts Demonstration (français)

こんにちは!加治屋です。 Bonjour, c’est Kajiya.   2016年8月21日(日)、今年も広島県宮島の厳島神社で演武を奉納して参りました。 「第6回 親と子の武道演武大会」です。28団体が参加し2班の団体が二つありましたので、 30の演武がありました。演武の持時間は、8分です。 Cette année encore, le 21 août, nous avons participé à l’Embu-taikai (démonstration d’Arts Martiaux) au sanctuaire d’Itsukushima dans la préfecture d’Hiroshima. Il s’agit de la 6ème démonstration “enfants-parents” d’Arts Martiaux. 28 groupes (associations et écoles) ont participé, 2 d’entre elles s’étant divisées en 2, il y eu […]

Read More

    Join our group on Facebook